TOEIC

34歳から英語・TOEICを始めて学習を継続する方法をシェアしてみる

34old
KOZU
KOZU

現在TOEICスコアが440点のKOZUです。

「履歴書にTOEICスコアを書きたいな〜」
「TOEICスコアを向上させて外資系企業に入社したい」

上記の悩みを抱えている人は少なくないと思います。私自身もFランク大学を卒業して以降は、ほぼニートのような生活を送っています。

就職しようにもFラン卒で何1つ資格を持っていないため、面接を受けるのも億劫で、気がつけば34歳になりました。

そんな私が、2024年の1月から英語学習を開始して、コツコツと金フレ500単語を暗記できたため、どうやってモチベーションを維持して継続しているかを紹介します。

34歳からTOEICを始めたきっかけは?

2024年1月1日に撮影した動画です

2023年の年末、また無駄に1年間過ぎ去ったと嘆いていました。

そんな時にウメカ(@umeka0320)さんという友人からLINEが届き「TOEIC920点を取れました」と報告がありました。

ウメカさんからLINEが届いたのが2023年12月26日でした。

7年前に1度だけTOEICを受験したことがあることを思い出し、その当時のスコアが440点でした。

人生に目標もないし、2024年はTOEICでも勉強してみるかという軽い気持ちで学習を始めました。

KOZU
KOZU

実際にTOEICの勉強を始めてみて、2ヶ月間は勉強していない期間はありますが、現在3ヶ月ほど隙間時間に勉強して金フレ500単語を暗記しました。

1人での学習は無理・日本人講師2人と毎日勉強

KOZU
KOZU

毎日25分から1時間ほど日本人講師から英語を教わっています。

どんな学習方法で勉強をしているの?
  • 金フレ助走の400は1日3ページ、加速の300語は1日2ページを学習
  • 自分で15分から30分ほど予習して、日本人講師からテストをしてもらう。
  • 別の日本人講師からは復習で助走の400からテストをしてもらう

英語の勉強を始めて感じるのは、シンプルに英語が好きではない。そのため講師から監視してもらい嫌々継続を頑張っている

どうして日本人講師から教わるの?

TOEICと英会話は別物なので、試験に関しては日本語でテクニックなどを解説をしてもらった方が分かりやすいと感じて、日本人講師を選びました。

会話力を伸ばしたいとかであればフィリピン人講師から教わる方が良いと思います。

3ヶ月間継続してモチベーションが出てきた

Blogのプロフィールにも書いていますが、私は10歳まで日本語が話せませんでした。そのため小中高と通っていません。

日本語すら話せなかった私が、英語を勉強して英単語500語も暗記できるなんて想像もできませんでした。金フレを半分覚えた頃からTOEIC学習のやる気が出てきました。

継続は力なりとはまさにそうですね。

フィリピン留学へ申し込み

KOZU
KOZU

2012年6月、ちょうど12年前に1ヶ月だけフィリピン留学へ行ったことがあります。

たまたま無料フィリピン留学に合格して、イロイロ市のMKアカデミーさんにおせわになりました。

とりあえず金フレを全て暗記して、TOEIC試験に慣れた頃に1度フィリピン留学に2ヶ月ほど行ってみたいと思います。

最後に

TOEIC学習を始めてまだ3ヶ月程度ですが、ようやくやる気が出てきたため、ペースを進めてまずは金フレを9割程度覚えたいと思います。

このブログを通して34歳の子供部屋おじさんが、440点からどの程度TOEICスコアをアップできるか紹介できれば幸いです。

Twitterからの読者コメントをお待ちしています。
ブログ更新の励みになります!

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUT ME
KOZU
KOZU
子供部屋おじさん
気づけばアラフォー目前の無職に! Fランク大学を卒業後は実家暮らしで社会人経験もなく、俗に言う子供部屋おじさんになりました。 35歳までに就職を目指し、TOEICやフォト検など勉強中。Blogは語学学習やガジェットをメインに執筆します。
記事URLをコピーしました